ハロウィンってそもそも何?いつからあるの?起源・由来とその歴史

ハッピーハロウィン ハロウィンとは

カボ~!

僕はジャック・オー・ランタンの「カボちゃん」だカボ!

こわかわキャラ目指しているんだ♪

どうぞ、よろしくおねがいします~^^

ハロウィンって何?

 

日本でも定着しつつある、ハロウィン。その経済効果も年々上がっていると思われているけど、日本記念日協会によると、2017年の「ハロウィン」の市場規模は約1,305億円で、2017年のバレンタインの約1,385億円だそうだよ。

でも、「そもそもハロウィンって何?」って思っている人も多いんじゃいかな?

そんなみんなの疑問を僕が教えてあげるカボ!

ハロウィンの起源

ハロウィンのガイコツかざり

みんな、ハロウィンっていつか知っているカボ?10月31日なんだよ。

発音としてはハロウィーン(halloween)って感じで、古代ケルト人の1年の終わりの日なんだよ。

日本でも大晦日って特別な日だよね?神社で鐘をつくんだよね?そして1月1日の新年をお祝いするでしょ?

 

古代ケルト人は新年が11月1日で、お祭りというかお祝いというか、イベントがあったみたいだよ。

カボちゃん
カボちゃん
新年のお祭りはサウィン祭というのだカボ!

 

だから10月31日までは太陽の季節で、作物もとれて、10月31日は大晦日であり、収穫祭でもあったんだろうね。

11月1日は、新年であり冬のはじまり、暗闇の季節のはじまりだったんだ。

 

そして、この時に死者の霊がやってくると思われいたそうなんだ。今度は、日本のお盆みたいな感じだね。

 

カボちゃん
カボちゃん
この死者の霊が戻ってくるときに、悪霊や魔女に憑りつかれないように仮面を被ったり、魔除けに火を焚いていたと言われているんだカボ!

 

ケルト人?

さっきから出てくるケルト人って何?って思っている人もいるよね?

ケルト人は、原住地をライン川やドナウ川上流域の南ドイツと考えられている民族で、西ヨーロッパに鉄器文化をもたらしたと言われているよ。

その鉄器と騎馬でグレートブリテン(イギリス)、ガリア(後のフランス)、イベリア半島(スペイン・ポルトガル)、ギリシア、ローマ帝国へも侵攻したようだカボ!

 

ケルト人の信仰はドルイドという呪術的な宗教だったようだよ。このドルイド教がハロウィンにも多く関わっているようで、Wikipediaにも次のような記載がみられるよ。

ドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。

wikipedia「ハロウィン」:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

 

現代のケルト人の多い国は、イギリスのイングランド以外の3か国(アイルランド、ウェールズ、スコットランド)だよ。あと、フランスのブルターニュ地方もケルト人が多いみたいだよ。

キリスト教に取り込まれる?

ケルト人の勢いはその後衰え、結局ゲルマン人やアングロ・サクソン人に侵攻されてしまうよ。そしてドルイド教もカトリック系のキリスト教におさえられるんだ。

サウィン祭は、カトリック諸聖人の日(All Hallows)11月1日の前夜(eve)に行われることから、とりこまれてしまって、Hallows eveがなまって、現在の『Halloween』になったと言われたりもするよ。

ただ、

キリスト教のカトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・東方諸教会の全てで、ハロウィンは教会暦上の祭としては祝われない

wikipedia「ハロウィン」:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

と書かれていたことと、僕の素人意見だけど、そう簡単に異文化のお祭りを取り込むかなってのも思うよ。

いろんな説があるみたいだから、ホントの由来は分からないってわけだね。

 

 

ハロウィンに関わる習慣の由来

ジャック・オ・ランタンの写真

さっき、僕が

この死者の霊が戻ってくるときに、悪霊や魔女に憑りつかれないように仮面を被ったり、魔除けに火を焚いていたと言われているんだカボ!

と言ったけど、こういうハロウィンに関する習慣やその由来をいくつか紹介するカボ!

 

ジャック・オ・ランタンの由来

カボちゃん

ハロウィンと言えば、やっぱり僕、『ジャック・オー・ランタン』(ジャック・オー・ランタン、ジャッコランタン、Jack-o’-Lantern)だカボ!

 

ジャック・オ・ランタンは火の玉が由来説

でも、もともとジャック・オ・ランタンという言葉は、僕のようなカボチャを意味するんじゃなかったんだよ。そして、よく他のサイトでカブだったと書かれているけど、もっと前は人だったんだ!

どういう意味かと言うと、1600年代のイギリスに話はさかのぼるよ。どうやらアイルランド、スコットランドで『ランタンを持った男』とか『夜間監視員』って意味だったんだカボ!

 

その後、10年かそこらで、ジャック・オ・ランタンという言葉は、英語のウィル・オー・ザ・ウィスプ(will-o’-the-wisp)や、イグニス・ファトゥス(Ignis fatuus)という青白い火の玉をさす言葉になったんだ。

夜の湖沼付近や墓場に出て、人を道に迷わせたり、底なし沼に誘い込ませるって言われているんだ~。

 

ジャック・オ・ランタン ~スティンジー・ジャックの昔話が由来説~

鍛冶屋のスティンジー・ジャック(Stingy Jack)の昔話もジャック・オ・ランタンの由来と言われているカボ!

ジャックは悪魔と酒を飲む機会があったんだ。僕が読んだものにはジャックが悪魔を招いたと書いてあったよ。

そして、自分でお金を払いたくなかったから、悪魔にコイン(硬貨)に化けるよう頼んだんだって。悪魔がそんなの化けてくれるわけないカボ!と思ったら、なんと悪魔はコインになってくれたってゆーから驚き!

そして、ジャックはポケットに悪魔のコインを銀の十字架で押さえつけて、悪魔は元の形に戻ることができなかったんだって。

そして、ジャックに復讐しないこと、ジャックが死んだときに魂をとらないことを約束させたんだって。

カボちゃん
カボちゃん
この復習しない期間は日本の多くのサイトでは10年って書いてあるけど、英語のサイトでは「その後」とか「1年」って書いてあるみたいだったよ

 

その後(1年後?)、悪魔を解放したジャックは、またもや悪魔に、木を登って果物を拾うように説得して、今度はその気に十字架を悪魔が元に戻ってくることができないように木に十字架を掘ったんだよ。

また木から降りられなくなった悪魔は、もう10年約束を伸ばしたんだって。

カボちゃん
カボちゃん
ここで10年が出てきていたよ。

でも人間のジャックは最終的には死んじゃうんだ。

当然、神様は天国に入れてくれないよね。ところが、悪魔も約束を守って、ジャックの魂を地獄の門で拒否するんだ。

そして代わりに、悪魔はジャックに燃える石炭を私て夜の闇へと「自分の地獄を見つける」ために送り出すんだ。ジャックは石炭を切り刻んだカブに入れ、それ以来地球をさまよったってお話なんだカボ!

さっき話した沼地なんかの火の玉は不穏な魂が田舎をさまよっていたから、「ジャックのランタン(“Jack of the Lantern” )」と呼ばれ、それが「ジャック・オ・ランタン( “Jack O’Lantern.”)」と呼ばれるようになったってお話なんだカボ。

 

もともとジャック・オ・ランタンはカブだった

今の話に出てきたように、ジャック・オ・ランタンは最初はカブを切って作られたんだカブ!

アイルランドやスコットランドでは、傷ついた顔をカブやジャガイモに刻み込んで、そろぞれ自分のジャック・オ・ランタンを作って、窓やドアの近くに置いたんだって。

カボちゃん
カボちゃん
そうやってスティンジー・ジャックやさまよう悪霊をびっくりさせたんだよ。

 

そして、スコットランドでは今でもジャック・オ・ランタンに、カブを使っていると書いてあるサイトがあったよ。

 

ところで、スコットランドでカブというとルタバガのことをいうんだって。ルタバガって知っているかな?

スウェーデンカブと言われる野菜だよ。

ルタバガ(英語: rutabaga, swede、学名:Brassica napobrassica)はアブラナ科アブラナ属の野菜。根菜類だが、地上部も食用になる。 カブに似るが別種で、セイヨウアブラナの変種とされる。別名はカブハボタン、スウィード、スウェーデンカブ。日本では種苗店で西洋カブとの表記もある

wikipedia「ルタバガ」:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%AC

 

で・・・このカブのジャック・オ・ランタン、けっこう怖いんだ(^^;

みんなに見せたいけど、僕の仲間だと思われたくないくらいなんだカブ・・・

グーグルで検索してみるよ・

グーグルで「ジャック・オ・ランタン カブ」で検索した結果

グーグルで「ジャック・オ・ランタン カブ」で検索した結果

 

どう!?

怖いよね(>_<)

カボちゃん
カボちゃん
僕がいかにカワイイか分かるでしょ♪

 

ジャック・オ・ランタンがカボチャになった時期

じゃ、いつから僕のようなカボチャのジャック・オ・ランタンになったんだカボ?

どうやら、アメリカ大陸発見後みたいだよ。

このジャック・オ・ランタンがアメリカに伝わってから、カブのランタンはアメリカでの生産が多かったカボチャのランタンに変化したんだって。

その後1892年のアトランタ市長によるハロウィンパーティーや、1974年にはじまったニューヨーク・ヴィレッジ・ハロウィン・パレードによって、カボチャのジャック・オ・ランタンをはじめ、仮装が一般的になったんじゃないかな。

実際、Wikipediaのハロウィンにある1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子を描いた絵画には、仮装している風景は描かれていないよ。

1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子を描いた絵画

1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子を描いた絵画 wikipediaより

 

トリックオアトリートの歴史

それと、トリックオアトリート!の歴史も気になるよね?

トリックオアトリートは、“Trick or Treat” と書くよ。

子供たちが

 

お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ

 

と言って、家々を回り、キャンディー(お菓子)をもらうという文化だよね。

トリート(Treat)の意味

ただ、Trickは「たくらむ」とか「だます」って意味だね。「そんなトリックにひっかからないぜ!」って名探偵コナンが言うやつだよ。

そして、Treatは「もてなす」やって意味だね。

 

で、トリックオアトリートのもとの言葉はTreat me or I’ll trick you!なんだよ。

「俺をもてなすよな?さもなくば、お前を惑わすぞ!」

という言葉なんだよ。

 

子供がそんな言葉を言わないって?

うん、そう!

カボちゃん
カボちゃん
この死者の霊が戻ってくるときに、悪霊や魔女に憑りつかれないように仮面を被ったり、魔除けに火を焚いていたと言われているんだカボ!

って、このページの上の方の、『ハロウィンの起源』のサウィン祭のところで言ったのを覚えてる?

その悪魔が憑りつくぞって言ってる時の言葉なんだよ!

 

だから子供は悪魔や魔女の格好をして、家を訪問するんだ。

家の人は、もてなさないといけないけど、子供をもてなすならお菓子だよね^^

 

仮装の由来は?

じゃあ、仮装の由来はその悪霊の真似ってこと?と思うよね。

でも、そうじゃないみたいなんだカボ!

さっきの、

カボちゃん
カボちゃん
この死者の霊が戻ってくるときに、悪霊や魔女に憑りつかれないように仮面を被ったり、魔除けに火を焚いていたと言われているんだカボ!

 

にやっぱり繋がるんだけど、自分が人間だと気付かれないようにするために仮装したってゆー説があるみたいなんだ。確かに、そう言われると、現代の仮装もいろんなコスプレをするけど、なんだかんだ 魔女やお化けのコスプレが多いよね。

 

悪霊や魔女が憑りつくのは人間だよね。だから悪霊や魔女の仮装をして、仲間と思わせて憑りつかれないようにするんだ。

 

ダック・アップル

日本ではあまりなじみがないけど、ダック・アップルってゆーハロウィンにまつわるゲームもあるんだカボ!

これはWikipediaをそのまま参照させてもらうよ。

 

「ダック・アップル (Duck Apple)」または「アップル・ボビング (Apple Bobbing)」(リンゴ食い競争)はハロウィン・パーティで行われる余興の1つで、水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべ、手を使わずに口でくわえてとるゲーム

Wikipedia「ハロウィン」より https://ja.wikipedia.org/wiki/ハロウィン

 

なんだ?これ??って思うよね。

でも、昔からあったゲームなんだって僕思っちゃったよ。名探偵コナンみたいに、見つけちゃったんだ!

何かというと、さっきの絵。

1833年ころのアイルランドのハロウィンの夜の様子を描いた絵画

ね!?

右下のほうで子供たちがやってるよ!!

 

まとめ

カボちゃんどう?ハロウィンって何か分かったかな?

色々と詳しくせつめいしてきたから、最後にすっごく分かりやすくまとめてみるよ。

 

ハロウィンとは

  • 古代ケルト人の大晦日(10月31日)~新年(11月1日)を迎えるお祭りが起源
  • お祭り期間に来る悪霊を追い払うためのジャック・オ・ランタンと仮装が由来で現在のコスプレに
  • 子供がトリックオアトリートと言うのは、その悪霊の真似。大人はもてなすためにお菓子をあげる

だよ。どうかな?

役に立った人は、↓の「いいね!」ほかをお願いだカボ^^

コメント